CAE Vimedix Ob/Gyn

vimedixObGyn

経腹・経腟 胎児超音波検査
トレーニングシミュレータ

CAEバイメディックスOb/Gynは、腹腔内および経膣超音波を学習するための非常に効果的なツールです。
マネキンベースのシミュレータでは、医療従事者は、超音波スキャンに必要なサイコモータースキルおよび認知技術を学ぶことができます。健常例だけではなく、50症例以上の病変を持つバイメディックスは、通常のトレーニングでは見ることができない希少ケースの描出や判断の訓練をすることが可能です。実際の患者にリスクやストレスを与えることなく、いつでも、どこでも、何度でも指導と学習を繰り返し、超音波検査技能を習得することが可能です。



System Composition

CAE Vimedix Ob/Gynのシステム構成は次のとおりです。

マネキン

vimedixObGyn|マネキン

独自開発したマネキンは、経腹超音波検査および、経腟超音波検査をリアルに再現、プローブハンドリングのトレーニング、手技獲得に有効です。

教育コンテンツと病変症例

CAEバイメディックスOb/Gynが誇る教育コンテンツと病変症例

最新グラフィック技術により、超音波検査トレーニングで期待されるプレーン断面の理解、周辺臓器との位置関係の理解など、シミュレータならではの教育・学習コンテンツを豊富に搭載しています。トレーニングは、健常例のみならず、病変症例、妊娠週数(8週、12週、20週)症例、 経腹、経腟 でのアプローチと様々なシナリオをトレーニングすることができます。 現在、50例以上の症例をリリース済みです。

学習効果を高める豊富な機能例

vimedixcardio
バイブレーンおよびMモード表示
vimedixcardio
経腟超音波トレーニングには、ペインインジケータを搭載し、学習者へのフィードバックを行います。
vimedixcardio
胎児の位置(骨盤位、頭位、横位)をクリック一つで変換して学ぶことができます