TCCC/EMS負傷者ケア

tcccems

着用パーシャルタスク・サージカルシミュレータ

TCCC/EMS負傷者ケアは、負傷個所の処置、新たに起こる負傷の予防、そして任務の遂行を可能にしたトレーニング装置です。

特徴

  1. 死に直結する3つの初期要因を処置可能(制御不能な出血(スーツからの出血あり)、気道閉塞、緊張性気胸)
  2. 流線形のフレーム(消耗品含む)を持つスーツを着用することで、どのような訓練シナリオでもリアリティを高めます(Hyper-RealismTM)
  3. スーツはユーザーによるカスタマイズやリペアが可能な設計で、高いコストパフォーマンスを有しています

特殊な機能

  • 外傷初期治療(POI)に対する激しいフィジカルシナリオでも着用可能
  • 重量は約9Kg (20 lbs)
  • 着衣、ユニフォーム、防護具や器具はスーツの上に着用可能
  • 緊急アセスメントや処置において、生体に着用することで相互作用を得ることが可能
  • 皮膚は多様な使い方が出来るようユーザーにより交換可能、また外傷パターンもカスタマイズ可能

可能な処置

  • スーツからの出血を伴う極度の出血コントロール(止血帯併用)、動脈結紮/クランプ止血、
  • 内部圧迫止血 (Wound-void packing)
  • 外科的輪状甲状間膜切開術
  • 両側の前面および側面の胸腔穿刺(針減圧:気胸、血胸処置)
  • 両側の外科的胸腔チューブ挿管(開胸)
  • 皮膚の縫合およびステーピング(全体)
  • 末梢のIVアクセス
  • 胸部骨髄穿刺によるIVアクセス
  • 末梢のIVアクセスでは薬剤投与可能

System Composition

 TCCC/EMS負傷者ケアのシステム構成は次のとおりです。

tcccems
屋外処置
tcccems
輪状甲状間膜切開術
tcccems
胸腔ドレナージ
tcccems
外傷処置
tcccems
胸腔穿刺(針減圧:気胸)
tcccems
出血コントロール(スーツからの出血可能)