ICCU e-ラーニング

ICCU e-ラーニング

Curriculum on the use of bedside ultrasound in the critical care フリートライアルを申し込む

CONCEPT

CAE ヘルスケア社の「ICCU イメージング e-ラーニング」は、ベッドサイドでの超音波診断を学ぶ為の包括的な学習システムです。 第一線で活躍する集中治療専門医によって開発された3Dグラフィックアニメーションを含む学習コンテンツは、画期的なラーニングマネージメントシステム(LMS)として、ベッドサイドの超音波検査を学ぶ医師にとって、学習効率を大いに高めます。

http://www.iccuelearning.com/ デモムービーはこちら フリートライアルは申込みはこちら

現在では、2つのコンテンツで構成されています。
2つのコンテンツは、毎晩15分〜20分で1〜2モジュールを学習し、数週間で終了することが出来る内容です。
システムは自動的に学習者のレポートを作成し、評価を行うことが出来ます。

1.クリティカルケアにおける心エコー検査

(Critical Care Echocardiography:心エコー検査の学習にフォーカスしたカリキュラム)

36モジュールが、6つのコースに分けられた8時間程のコースで成立しています。
これらのコースは系統的に、組織化された手法により、効率的に学習することが出来ます。

クリティカルケアにおける心エコー検査

学習内容

  • クリティカルケアにおける心エコー検査の基礎と応用を学びます。
  • 基本的な超音波物理学、診断機の操作、システマチックな走査の方法、プローブの正しい扱い方、患者の姿勢が与える画像への影響、及び心臓の解剖と機能など、包括的に学びます。

2.クリティカルケアにおける超音波検査

(General Critical Care Ultrasonography: 中心及び末梢血管の評価カリキュラム)

26モジュールが、3つのコースに分けられた4時間程のコースで成立しています。
これらのコースは系統的に、組織化された手法により、効率的に学習することが出来ます。

クリティカルケアにおける超音波検査

学習内容

  • 内頸静脈(Internal jugular)、鎖骨下動脈(Subclavian)、大腿動脈(Femoral)、末梢静脈(Peripheral veins)など主な血管における超音波検査方法をデモンストレーションします。
  • 脈管における解剖学的な変異、血栓、アーチファクト、及びその他の異常を見分ける方法を学びます。
  • 下肢における深部静脈血栓症(DVT)をスクリーニングする方法を学びます。
  • 超音波ガイド下によるラインプレースメントの方法を学びます。

BENEFIT

学習者のベネフィット

  • 各自のペースで学習を可能にする柔軟なトレーニングスケジュール
  • クリティカルケアに必要な技術や知識の習得
  • 意思決定における専門知識の習得
  • 各自のペースで学習を可能にする柔軟なトレーニングスケジュール

指導医(機関)のベネフィット

  • オンライン評価による学習者の進捗管理
  • 教育機関独自の専門的知識と技能の開発
  • 教育機関ごとのカリキュラム作成
  • 準備やレクチャーに時間を要せず、現実的なベッドサイドトレーニングに特化したシステマチックな学習

DEMO MOVIE

クリティカルケアにおける超音波診断を効率的に学べるICCU e-ラーニング。
専門性の高い最新鋭のe-ラーニングの概要を、デモmovieよりご覧いただけます。


『CAE ICCU e-ラーニング』フリートライアル申込みフォーム

※印は入力必須項目となります。

施設名
所属
お名前
メールアドレス (半角英数字)
ご連絡先 (半角英数字 03-1111-1111)
ご住所